BLOG

外壁に亀裂やひび割れ「クラック」が出る原因と種類、その対処法は?

外壁のひび割れ・クラック

外壁に写真のような「ひび割れ」「クラック」と言われる亀裂が出ている場合、雨水が内部に浸透し外壁内部を痛めてしまいます。
ですが、一言にクラックと言っても「程度」や「種類」がありますのでご紹介します。

外壁のひび割れ・亀裂の原因は?

クラックの一番の原因となるのは、やはり「地震」です。
建物が建っている付近の道路環境(周辺の交通量や道路と建物の因果関係)にも影響します。
他にも、紫外線による塗膜劣化や外壁の乾燥、悪質業者の手抜き工事などもクラックの原因となります。

クラックの種類と対処法

外壁のひび割れ・亀裂には種類があります。

ヘアクラック

ヘアクラックとは、髪の毛程度の細い亀裂のことです。
厳密な定義があるわけではありませんが、一般的に0.3mm以下のよく見ないと分からないようなクラックをヘアクラックと言います。
この程度のひび割れであれば、外壁塗装の際に下地調整として使用するフィーラー等を塗ることでほぼカバーできます。

構造クラック

構造クラックは、外壁表面が原因ではなく内部側、つまり建物の構造からの影響で発生するひび割れです。
構造の欠陥からでるものや不同沈下、地震などによって建物に歪みがおこり、その歪みが亀裂となって現れます。
地震のような外的要因があるとしても、建物の構造が原因とも言えるのでしっかりとした処理が必要なクラックです。

乾燥クラック

モルタル外壁に多く見られ、外壁材の水分が蒸発して乾燥することにより、塗膜にひび割れが起きたものを乾燥クラックと言います。
微弾性フィーラーの下塗りだけでなく、弾性仕上げによる外壁塗装により乾燥クラックを防ぎやすくなります。

縁切れクラック

モルタルのような湿式工法の外壁によく起こるひび割れです。
天候の影響や何らかの事情で工事に中断があると、その続きを塗装する際に「前に塗った箇所」と「後から塗る箇所」の繋ぎ目の部分にひび割れが出ることがあります。
これを縁切れクラックと言いますが、これは外壁塗装をおこなう職人が注意すれば防ぐことができるものです。
以前の塗装による縁切れクラックがある場合には、コーキングを用いて補修していきます。

大切な建物を守るには、正しい知識と定期的なメンテナンスが重要です

外壁の種類によってメンテナンスの時期は変わりますが、およそ10年程度が塗り替えの目安となります。
塗り替えの際にクラックがある場合には、そのクラックの原因を知り最適な対処法を取ること、下地塗料や上塗り塗料の選定がなにより大切です。
塗装と言うとどうしても完成時の表面に目がいきがちですが、下地処理やクラックの補修など、塗装に入る前の工程が何より重要だと考えます。

関連記事一覧

NEW POSTS