BLOG

塗装部以外はしっかりと養生で保護することが塗装の仕上がりに影響します

塗装前には養生が大切

外壁塗装は主にローラーや刷毛を使った手作業での塗装となることが多くなりますが、部位や素材、使用塗料によっては吹き付け塗装をおこなうケースもあります。
塗装面以外を保護し、塗装の完成度を高めるためには「養生(ようじょう)」の技術も重要となります。

塗装の完成度に影響する養生の役割

外壁塗装の場合だと、窓枠のアルミサッシや窓ガラス、床面(地面)、雨樋、軒天、エアコン室外機など、塗料が付着しては困る場所をビニールやマスカー、テープ、保護シート等を用いてあらかじめ保護することを「養生」と言います。
塗料がついては困る部分なので、吹き付け塗装の場合には停まっている自動車や、植木なども保護対象となる施工ケースもあります。
また、現場環境によっては高圧洗浄時にも水や汚れが飛散しないよう、足場と一緒にメッシュシートを設置して保護します。

養生がしっかりと施されていないと、窓枠や床などに塗料が付着してしまい見栄えも悪くなりクレームとなってしまうでしょう。
また、養生に気を付けることで塗装自体のスピードを速くする効果もあります。

施主様の生活に配慮した養生をおこないます

養生では原則として、窓ガラスをすべてビニールや粘着力が弱めのテープで保護します。
塗装工事の期間中は窓を開けることができないため、どうしても開け閉めが必要な窓がある際には事前にご相談ください。

また、エアコン室外機や給湯器設備など、塗装期間中にも使用する物への養生は、使用に影響のない範囲でおこないます。
ご近所付き合いにも配慮して、現場環境や施工方法によって養生する範囲を広げることもあります。
もちろん近隣へのご挨拶は弊社にお任せください。

塗装が完了して養生を剥がした後には、塗り残しのチェックも万全におこないます

本来、養生は塗料が付着してはいけない場所を保護するものですが、養生のポイントが少しズレるだけで逆に塗らなければならない箇所が濡れていない状態、いわゆる「塗り残し」が出る可能性もあります。
塗り残しは職人側のミスによるものなので、あってはいけない事ですが、人的ミスというのは起こる可能性が0%ではありません。
そういった可能性を確実につぶすためにも、養生をはがして一見完璧に見えた後でも最終チェックは欠かせないものです。
最終確認は施主様立ち合いによっておこなうことも可能ですのでご安心ください。

関連記事一覧

NEW POSTS