BLOG

外壁の部位や素材・お客様のご要望に合わせて最適な塗料を使い分けます

破風板への防腐剤入り塗料

外壁というのは建物の側面全体のことで、実はその構造は複雑になっている建物もあります。
軒天や破風板、雨樋や鼻隠し、雨戸や戸袋、矢切り、笠木、霧避け、庇(ひさし)といった細かな部位には、その部位に合わせた最適な塗料を使い分けて保護する必要があります。
また、外壁のメイン部分に使用する塗料だけでも多くの種類があり、耐用年数や価格にも差が出てきますので塗料の種類をご紹介します。

外壁塗装の塗料別・耐用年数の目安と特徴

外壁塗装に使用される塗料のほとんどが「合成樹脂塗料」です。
その中でも主によく使用される塗料は以下のとおりです。

合成樹脂調合ペイント

一般的にホームセンターなどで販売している油性塗料で、DIYにも使用されることが多く安価であることが特徴です。
ただし耐用年数はもっとも短く、外壁に使用した場合だと3年から5年以内で塗り替えとなってしまいます。

アクリル樹脂塗料

プロの塗装業者が扱う外壁塗料の中ではもっとも安価ですが、耐用年数が5年から7年程度と短く、アクリル塗料が外壁に使用されるケースは減っています。

ウレタン樹脂塗料

耐久性、耐候性、耐薬品性に優れ、様々な用途で使用されます。
耐用年数の目安は、8年から10年程度です。

アクリルシリコン樹脂塗料

現在の外壁塗装に使用される塗料の中で、多くの塗装業者が推奨するものがアクリルシリコン樹脂塗料です。
耐久性、耐候性、耐水性、耐薬品性、耐油性、耐汚性に優れ、耐用年数は10年から15年程度となります。
「シリコン塗料」と略されることが多いですが、シリコン塗料の中にも耐久性の低い単層弾性のものが存在することや、工法(下塗りの回数など)によっても差が出てきますので、お見積りの際にしっかりとご確認いただくことが重要です。

フッ素樹脂塗料

各塗料メーカーが出している塗料ラインナップの中で、最高級のグレードですが価格も高額になります。
その分、耐用年数は15年以上となり、定期的なメンテナンスが難しい建物や、長期間において美観を維持したい場合にはオススメの塗料です。

光触媒塗料

光触媒塗料には、空気浄化効果などがある自然に優しい塗料です。
太陽光で汚れを分解し、雨で汚れを洗い流すことができるという特徴を持っています。
耐用年数もメーカー発表では20年と長いものの、サビに効果がない、太陽光が当たらないと性能が発揮できない、施工価格が高額である、等のデメリットもあります。

耐用年数と塗料の特徴・可能なメンテナンス頻度に合わせてご相談ください

外壁塗装を「見積り額のみ」で決めることは危険です。
それぞれの塗料には特徴があり、性能と価格はほぼ比例します。
お客様が可能なメンテナンス頻度や、ご要望に合わせて最適な塗料をご提案させていただきます。

関連記事一覧

NEW POSTS