大型建築物
外壁塗装

安全性と作業効率を高めるために足場を設置します

マンションやハイツ、ビル等の大型建築物の外壁塗装の際には、まず適切な足場を設置します。
足場を組むことで、高圧洗浄時や塗装時にも安全かつ効率的に塗装作業をおこなうことが可能です。

詳細を見る

足場全体に保護シートを張ります

足場全体に保護シートを張ることで、高圧洗浄時に汚れの飛沫を防いだり、塗装工事中の建物外観をご近所に見せず景観を守ります。
吹付塗装をおこなう部位がある場合にも、保護シートがあれば周りに塗料が飛ぶことがないため安全です。

高圧洗浄による下地処理

大型建築物の場合は、足場を設置し保護シートを張った後にしっかりと高圧洗浄をおこないます。
家庭用の高圧洗浄機ではなく出力の高い業務用の高圧洗浄機を用いて、外壁にこびりついたカビや汚れを落とします。
高圧洗浄をおこなうだけでも建物の景観が良くなることもあります。

詳細を見る

通路など塗装をしない部位はしっかりと養生で保護

マンションやビルの場合、通路などのフロア床に養生シートを張ります。
また、ローラーや刷毛を使った塗装以外にも、塗装部位や使用塗料によっては吹き付け塗装をおこなうケースもあります。
塗装面以外をすべて保護し、塗装の完成度を高めます。

詳細を見る

近隣駐車場に停まっている車へも配慮

マンションやハイツには、専用駐車場があることが多く、駐車場に停まっている自動車への養生・保護もおこないます。
また、住民の方へご理解いただくために、弊社からご挨拶と養生の許可をいただきます。

建物の部位によって最適な塗料を使い分けます

外壁塗装と言っても、マンションやビル等の大型建築物には、多くのドアや窓があります。
他にも建物の構造により、軒天や破風板、雨樋や鼻隠し、雨戸や戸袋、矢切り、笠木、霧避け、庇(ひさし)といった細かな部位には、その部位に合わせた最適な塗料を使い分けて保護していきます。

詳細を見る

住民の方へ注意喚起をおこないます

塗装工事中には住民の方へ注意を促す貼り紙を設置し、安全性を高めます。また、工期の目安や弊社への連絡先なども必要に応じて告知いたします。
弊社は、住民の方への配慮を徹底しておこなっています。

チョーキング現象とは

チョーキング現象(白亜化現象)は、主に塗装表面が太陽の紫外線や熱・風雨や湿気などの水分によって塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって現れる現象や状態のことを指します。
外壁からチョーキングの症状が現れた場合、外壁塗装時期のひとつの目安となります。

詳細を見る

外壁の亀裂・ひび割れは早急な対処が必要です

外壁に写真のような「ひび割れ」「クラック」と言われる亀裂が出ている場合、雨水が内部に浸透し外壁内部を痛めてしまいます。
外壁塗装の前には、ひび割れやクラックの補修をしっかりとおこない、その上から防水性能の高いシリコン塗料等でコーティングしていきます。

詳細を見る

お問い合わせ

奈良市を拠点に地域密着で外壁塗装や屋根塗装を施工しているコヤマ塗装です。
戸建てのお家、店舗やオフィス、マンション・ハイツ等の建築塗装をお考えの際にはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・無料お見積り