屋根塗装

屋根の塗膜剥がれは美観を損ね雨漏りの原因に

屋根は常に太陽からの紫外線や雨に晒され続けており、台風時にも強い風の影響を受ける部分です。
塗装の膜が剥がれていると防水性を失い、雨水が浸透してしまう恐れがあることと、塗装前に旧塗膜をしっかりと高圧洗浄や手作業で一度剥がし、下塗り・中塗り・上塗りと最低でも3回の塗装をすることが屋根を長持ちさせるためには必要です。

高圧洗浄による汚れの処理と旧塗膜処理

屋根塗装の前に、まずはしっかりと高圧洗浄をおこないます。
家庭用の高圧洗浄機ではなく出力の高い業務用の高圧洗浄機を用いて、屋根にこびりついた汚れや旧塗膜を落とします。
洗浄がしっかりとされていない場合、せっかく塗装をしても早期の塗膜剥がれの原因となるため念入りに洗浄していきます。

屋根の構造や塗装箇所により足場を設置します

屋根塗装の際には、屋根や傾斜角や建物の構造、塗装を施す部位によって適切な足場を組むことがあります。
足場を組むことで屋根の上面だけでなく、入り組んだ軒天や破風板、鼻隠し、雨樋などの保護塗装も同時におこなえるという利点もあります。
外壁塗装との同時施工であれば、別々で工事するよりもコストを抑えることが可能です。

雨漏りの恐れがある箇所は塗装前に補修

災害や経年劣化で屋根は考えている以上にダメージを受けているものです。
雨漏りの原因になるような傷んだ箇所をくまなくチェックし、塗装前にしっかりと補修工事をおこないます。
屋根の寿命を延ばすためには、補修工事と防水塗装を同時におこなうことが重要です。

屋根の防水塗装は大切な家を守ります

屋根の塗装には防水性の高いシリコン塗料以上の使用を推奨しています。
また、洗浄から下地の処理、カラーベスト等のスレート瓦で劣化が激しい場合にはシーラーによる下塗りを2度おこなう場合もあります。
下塗りや中塗りを丁寧に何度もおこなうことで、上塗り材の吸い込みを防止し、より光沢のある仕上がりを実現できます。

屋根のメンテナンスは暮らしを豊かにします

スレート・カラーベスト・コロニアル・金属屋根・セメント瓦屋根などは、定期的にメンテナンスが必要な屋根材です。
屋根を塗装する目的は、屋根の寿命を延ばし、雨漏りを防止できることですが、塗料の中には断熱性能に優れたものもあるため、真夏の暑さを和らげ節電効果をも期待できます。
家族が毎日暮らす大切なお家の外観を美しく保つことで、日々の暮らしが快適になることは間違いありません。

お問い合わせ

奈良市を拠点に地域密着で外壁塗装や屋根塗装を施工しているコヤマ塗装です。
戸建てのお家、店舗やオフィス、マンション・ハイツ等の建築塗装をお考えの際にはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・無料お見積り