BLOG

外壁塗装の吹き付けとローラーの特徴と違いとは?メリットとデメリットを比較

外壁塗装の吹き付けとローラーの特徴と違いとは?メリットとデメリットを比較

外壁塗装には、『吹き付け塗装』と『ローラー塗装』という2種類の塗り方があります。
知識がない人には、どちらの塗装方法がいいのわからないですよね。
「塗装ができたらどちらも一緒なのでは…?」と思われるかもしれませんが、実は状況によってオススメな塗装方法が変わってきます。

本記事では、そんな『吹き付け』と『ローラー』の違いについて説明します。
ぜひ、ご自身の家の外壁塗装を行うときの参考にしてくださいね。

吹き付け塗装の特徴

まず、吹き付け塗装についてご紹介していきます。
吹き付け塗装とは、塗料を専用の器具を使って霧状にして吹き付ける塗装方法です。
プラモデルやフィギュアを塗装するときに、吹き付け塗装をしているのを見たことがある人もいると思います。

吹き付け塗装の特徴は、以下の4点です。

  • 広い面積を一気に塗装できる
  • 短い時間で塗装ができる
  • 吹き付け塗装でしか行えない工法がある
  • 仕上がりが比較的きれい

吹き付け塗装のメリット・デメリット

メリット
  • 施工時間が短くて済む
  • 模様つけや凹凸にも対応

吹き付け塗装のメリットといえば、やはり早く塗装ができる点です。
外壁塗装を行なっている期間は、洗濯物が干せなかったりベランダが使えなかったりと不便なことが多いですよね。
吹き付け塗装は工期が短く、いつもの生活に影響が出にくいので便利です。

また、リシン吹きなど、吹き付け塗装だけでつけられる模様があります。
リシン吹きとは、細かい砂利や砂を塗料と混ぜて吹き付ける塗装方法で、砂利や砂の凹凸で砂壁風の塗装が出来上がります。
他にも、リシンよりも重厚感や立体感が出せるスタッコ吹き付けや、壁面に玉が散ったような仕上がりのタイル吹き上げなどの模様がつけられます。

デメリット
  • 塗料を無駄遣いしてしまう
  • においや塗料が周りに飛散してしまう

吹き付け塗装では塗料が飛散してしまうため、使用する塗料の量が多くなってしまう点、厳重に養生をしないと塗料が思わぬところについてしまう点がデメリットです。
家が建っている場所によっては、近所迷惑になることもあるので注意が必要です。
付近に自動車などが停まっている場合には注意が必要になってきます。

吹き付け塗装が向いているのは?

  • 外壁の表面に凹凸や模様がある
  • 工事を早く終わらせたい
  • 近所迷惑の心配がない
  • 前回の塗料がまだそれほど劣化していない

以上の場合は、吹き付け塗装が向いています。

ローラー塗装の特徴

ローラー塗装とは、ローラーに塗料をつけて手作業で塗っていく塗装方法です。
ローラー塗装の特徴は、以下の3点です。

  • 塗料に無駄がない
  • 塗料の性能を引き出せる
  • 出来上がりが職人の腕に左右されやすい

ローラー塗装のメリット・デメリット

メリット
  • 無駄になる塗料がほとんどない
  • 塗料が飛び散る心配がなく、吹き付けと比較した場合に養生の量が減る
  • ローラー塗装でないと十分な効果が出ない塗料がある

ローラー塗装では、ローラーに直接塗料をつけて人の手で塗っていきますので、使用するのは最低限の塗料で済みます。
飛び散ることもないので、住宅が密集している場所でも施工が可能。
また、防水塗料や断熱塗料などは、ある程度厚く塗らないと効果を発揮できないため、ローラー塗装がオススメです。

デメリット
  • 塗装に時間がかかる
  • 職人の技術に左右されやすい
  • 細かい箇所・複雑な形のものの塗装には向かない

ローラー塗装は、人の手で塗っていくので当然時間がかかります。
目安としては、吹き付け塗装の3倍くらいかかることが多いです。
また、仕上がりが職人の技術に左右されやすい点も注意です。
ローラーという性質上、細かい箇所や複雑な形の塗装には向きません。

ローラー塗装が向いているのは?

  • しっかりと塗料を塗り直したい
  • 近所に迷惑がかからないように工事をしたい
  • 塗料を無駄遣いしたくない
  • 防水塗料や断熱塗料など、厚塗りをする必要がある塗料を使う場合

以上の場合はローラー塗装が向いています。

どちらの塗り方でも耐久性や仕上がりに差はない

現在、外壁塗装はローラー塗装が主流となっています。
ローラー塗装を勧める業者は、「ローラーの方が塗膜が厚いから長持ちします」と言ってくることがあります。
しかし、一般的な塗料の塗膜は適正な厚さが定められており、厚ければいいというわけではありません。
確かに、防水塗料や断熱塗料などの一部塗料はローラーで厚く塗装をする必要があります。
しかし、一般的な塗料に関しては、厚く塗ってしまうとひび割れの原因になります。
また、吹き付け塗装は何度か重ね塗りをするため、皮膜が薄くて耐久性が低いということはありません。
さらに吹き付け塗装とローラー塗装では、料金にもほとんど差がありません。
そのため、ご自宅周りの環境や工事期間などのご希望に合わせて、どちらの塗装方法にするか選んでいただいて問題ございません。
近隣に迷惑がかからないようにローラー塗装を行い、雨戸や形状が複雑な箇所だけ吹き付け塗装をすることも可能です。
ご希望や疑問点があれば、コヤマ塗装にお気軽にご相談くださいね。

関連記事一覧

NEW POSTS